ダウンロード       イベント       検索     
 
 
 
 
 
   
   
Products
 
 
 
 
製品
製品一覧
評価版ダウンロード
評価版CDお申込み
導入事例
ホワイトボード・セッション
セールスに関するお問合せ

製品ドキュメント

 

 
 
Sign up for eNews?
 
  デル・ソフトウェアでは、月に一度、最新製品情報満載のQuest eNewsを発行しています。配信手続きは こちらから

eNews連載記事「Tips!」と「講座」のバックナンバーは こちらから
 
 
   
 

ディスク・バックアップ - 仮想テープ・ライブラリ(VTL / SVTL) 機能

従来バックアップと言えば、テープ装置にデータを保存するのが一般的な方法でした。ところが近年、バックアップすべきデータ容量が増大すると同時に、安価な大容量ディスク装置が次々登場したことから、少なくとも一次バックアップは高速なハードディスクで、必要であれば後でゆっくりテープ装置へデータを移動またはコピーするというDisk to Disk to Tapeの手法がとられるようになってきました。

NetVaultのディスク・バックアップ・オプション
バックボーン・ソフトウエアは、バックアップ/リストア・ソフトウェアNetVaultのオプションとして、業界でいち早くディスク・バックアップの機能を提供してきました。NetVaultのディスク・バックアップの大きな特徴は、単なるハード・ディスクへのコピー機能ではなく、ハード・ディスクの中に仮想的にテープ・ライブラリを作成し、その中にバックアップを取る手法です。ハード・ディスクの中に仮想的にテープ・ライブラリ数/スロット数/メディア容量/ドライブ数を任意にユーザーが設定し作成することで、テープ装置を使用したバックアップ運用と全く同様に、バックアップのスケジューリングや、世代管理、フルバックアップ、増分/差分バックアップ等が行えます。

NetVaultのディスク・バックアップ・オプションには、仮想テープ・ライブラリ(VTL)と共有仮想テープ・ライブラリ(SVTL)の2種類があります。

  • 仮想テープ・ライブラリ (VTL) - VTL (Virtual Tape Library) は、OSファイル・システム上に作成するので、仮想テープ・ライブラリを作成した1台のNetVault ServerまたはClientが、そのVTLのオーナーシップを持つ必要があります。従って、すべての転送データはそのVTLを作成したNetVaultマシンを経由してバックアップ/リストアが行われます。
  • 共有仮想テープ・ライブラリ (SVTL) - SVTL (Shared Virtual Tape Library) では、すべての書込み/読込みのオペレーションにRaw Device Data Moversを使用するので、1台のNetVaultマシンがオーナーシップを持つ必要がありません。これにより、複数のNetVaultマシンから直接SVTLに書込み/読込みを行うことを可能にしています。

仮想テープ・ライブラリの主な特徴

高速なバックアップ/リストアの実現
テープに比べ、ディスクのバックアップ/リストアは非常に高速です。SVTLは、VTLに比べさらに高速です。高速なバックアップは、アプリケーションやネットワークへの影響を抑えるのに役立ち、高速なリストアは、ダウンタイムの減少に役立ちます。

並列バックアップによるバックアップ時間の短縮
物理的なテープ・ドライブが1台しかない場合、複数のマシンのバックアップを同時に行うことができません。NetVaultなら、仮想テープ・ライブラリの機能を使って仮想的にテープ・ドライブを複数作成することで、複数台のNetVaultマシンのデータを同時にバックアップすることが可能になり、バックアップにかかる時間を劇的に短縮することができます。

Disk to Diskバックアップ と Disk to Disk to Tapeバックアップ
仮想テープ・ライブラリをバックアップの最終メディアとして使用することで、テープ装置がなくてもバックアップが行えます(Disk to Diskバックアップ)。 また、一次バックアップを高速なディスクに行い、オフピーク時間にディスクにバックアップしたデータを通常のテープ装置へ移動/コピーするようスケジューリングすることも可能です(Disk to Disk to Tapeバックアップ)。

差分/増分バックアップなど既存のすべてのバックアップ・タイプをサポート
使用する各NetVault Plugin/APMのサポート範囲内で、フルバックアップ、差分/増分バックアップ、Consolidate Incremental Backups (以下コンソリデート・バックアップ)のすべてのバックアップ方法が、仮想テープ・ライブラリをターゲット・メディアとしたディスク・バックアップでもご使用いただけます。
コンソリデート・バックアップとは、複数のインクリメンタル・バックアップを前回のフルバックアップに統合し、最新のフルバックアップを生成する機能です。つまり、コンソリデート・バックアップを利用すると、初回のみフルバックアップを行えば、その後は永遠に差分バックアップだけで運用することが可能になります。例えば、NetVaultクライアントからの差分バックアップを仮想テープ・ライブラリに行い、その差分データを最後のフルバックアップにコンソリデート(統合)して、週に1度テープ装置に書き込むという運用方法は、バックアップにかかる時間の短縮に非常に効果的です。

各種アプリケーションのオンライン・バックアップ
OracleやMicrosoft SQL、PostgreSQL他様々なアプリケーションのオンライン・バックアップや、NASのNDMPバックアップも、仮想テープ・ライブラリ機能を使ってディスクへ高速に行うことが可能です。

システム要件 製品ドキュメント ニュース/導入事例

VTL対応OSNetVault対応OSリストに記載のすべてのOSでご使用いただけます。

SVTL対応OS:下記OSでご使用いただけます(2006年1月現在)。

    - Linux(IA32)
- Windows(IA32)
- Solaris(SPARC)
 
    対応OSの最新情報は、NetVault APM/プラグイン製品対応リスト でご確認ください。  
    NetVault 7.1.2では、SVTLプラグインはNetVaultをインストールした後、別途追加でインストールする必要があります。  
仮想テープ・ライブラリ(VTL / SVTL) カタログ (.pdf, 393 kb)
 

NetVault Implementation Guide - Relocating a VDL to a Different NetVault Backup Server (.英語, .pdf, 153 kb)
※VTLを別のNetVault Serverに移動する方法について解説しています。

 
 

NetVault's VDL and SVDL White Paper: NetNext-Generation Solutions for Optimizing Disk-to-Disk Backup and Recovery (英語, .pdf, 1,655 kb)

 
その他の製品ドキュメント
NetVault 共有仮想テープ・ライブラリ (SVTL) の発売で
ディスク・バックアップのさらなる高速化を実現

NetVaultがNetAppに保存されたTBSテレビ番組用CG制作物をハードディスクへバックアップ
 
 
 
     

2013 Dell Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

Legal Information | 個人情報保護方針 | Safe Harbor Statement | Worldwide